お金を貯金できる体質にするために

お金を貯金できる体質にするために

お金を貯金することは将来の自分へのご褒美

一人暮らしの方や若い方などで特に貯金をしていない方や特に重要視していない方は多いかもしれません。お金を貯めるためにけちけちするのはいやだ、という気持ちは分かりますが、貯金は将来の自分のためにするものです。今は貯金の目標がないから貯める必要はないという気持ちも分かります。でも今は一人暮らしだけど、将来結婚して家族を持つかもしれません、家や車を買いたくなるかもしれません。目標ができてから貯金をしても間に合わなかったり、後で後悔するかもしれません。今の生活が一番ですが、将来に備えて最低限の貯金をしておくことは大切です。

そんな場合のおすすめの貯金方法は、天引き方法です。収入のある方はお給料が入ったらそのうち決まった金額を自動的に定期預金に分けて振り込まれるように設定しておくのです。銀行の窓口で簡単に開設と設定ができます。最初は少ない金額から始めても良いでしょう。例えば毎月給料日翌日に1万円定期預金に移動すると仮定すると、1年で12万円、そして10年間で120万円になります。月に2万円にすると240万円です。何かを我慢して残ったお金を貯金に回すのではなく、最初からないものとして別の口座に入れてしまうことが天引きです。無理のない範囲で慣れていったら天引き金額を増やしていけば自然と無理なく貯金できます。早ければ早いほど早く貯金がたまります。そして大切なことは、その分けた口座のお金を使うときはよっぽどのことがあったときや貯金の目標が決まった時だけ、としておきましょう。